本文へスキップ

太極拳を通じて健康づくりをお手伝い 磯子区太極拳協会

代表者の経歴profile


 代表者(小島 信博)プロフィール

 北海道美唄市出身。
 中学生の時に剛柔流空手を習い、高校時代に東京オリンピックレスリング日本代表選手 だった相原昇先生からレスリングを教わる。しかし20代前半の頃はスキーに夢中にな り、全日本基礎スキー選手権大会(通称デモ戦)出場を目指した事も。
 当時、週間マンガ雑誌の少年サンデーに連載された『男組』(原作・雁屋哲、作画・池
 上遼一)で主人公が中国武術の技で悪漢を倒していくシーンに魅せられた。
 29歳の時に現横浜市太極拳協会の鈴木康弘会長から2年間指導を受け、24式太極拳、 陳式簡化36式太極拳を教わる。
  1984年に北京体育学院(現在の北京体育大学)での太極拳研修に参加し、闞桂香老
 師から陳式36式太極拳を、劉玉蓮老師から24式太極拳を学ぶ。その後も来日した多
 くの高名な中国人老師から様々な太極拳種目を直接学ぶ。
  1987年開催の第4回全日本選手権大会に初出場し10名の決勝枠に残る。1990年の
 第7回全日本選手権大会の剣・刀の部での初入賞が準優勝。以降、常に全日本選手権
 大会の上位入賞を果たす。1991年に世界選手権およびアジア競技大会指定強化選手
 に指名される。2013年の第30回大会での優勝を含め昨年まで優勝1回、準優勝9回
 3位10回を獲得し全日本シード選手歴20年となる。
  2010年に磯子区太極拳協会を設立。2012年にNPO法人神奈川県武術太極拳連盟に加 盟、2014年に磯子区体育協会に加盟。現在、磯子区、金沢区内で毎週8カ所の太極拳 教室を指導する

【資格】
 (公社)日本武術太極拳連盟公認 太極拳A級指導員、太極拳1級審判員、国体審判員
                 太極拳3段、長拳2級、長拳普及指導員

 【太極拳学習歴】
 24式太極拳 北京体育大学教授 劉玉蓮老師 直伝
 48式太極拳 中国人民大学教授 李徳印老師 直伝
 32式太極剣 中国寧夏銀川市武術協会副主席 王新武老師 直伝
 42式太極剣 中国安徼省中医学院武術隊教練 黄白雲老師 直伝
 総合太極拳  中国福建省武術教練 曽乃梁老師 直伝
 陳式太極拳  北京体育大学教授 闞桂香老師 直伝
 陳式推手   中国陳式太極拳研究会会長 馮志強老師 直伝
 陳式太極剣  北京体育大学教授 闞桂香老師 直伝
 太極拳基礎  北京市武術協会 蔡鴻祥老師 直伝
 練功十八法  上海東昌病院 荘元明老師 直伝
 広播太極拳  北京体育大学副学長 張文広老師 直伝
 東岳太極拳  北京体育大学教授 門恵豊老師 直伝
 楊式太極拳  北京体育大学教授 門恵豊老師 直伝

【指導暦】
第53回国民体育大会「かながわ・ゆめ国体」公開競技、太極拳集団演武
横浜市教育委員会・体育協会主催「市民スポーツ」(1990年~1999年)
横浜市立浜中学校・富岡東中学校PTA役員研修会
横浜市立浜中学校コミニュティハウス太極拳教室
横浜市立富岡東中学校地域開放教室
横浜市富岡並木地区センター太極拳教室
横浜市磯子区、金沢区太極拳サークル講師
世田谷区スポーツクラブ「ザ・スポーツコネクション」太極拳講師
いきいきクラブ磯子(磯子区老人クラブ連合会)太極拳教室
ブリリアシティ横浜磯子太極拳教室
2019年4月現在 指導教室8サークル、4講座

磯子区太極拳協会

〒235-0033
横浜市磯子区杉田6-5-1
TEL/FAX 045-776-1862